留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

資料ご請求の前に (WH-WORKERS)

WH-WORKERSのプログラムは、ワーホリの際に

誰もがかかえる避けて通れない大きな壁を取り除く為に作られました。

 

 

そしてあなたには、必ず理解して頂けなければ参加ができない

条件が2つだけあります。

ひとつは、英語能力についてです。

 

 

2週間の研修後にあなたが就く仕事は、まちがいなく田舎の町や小さな町に

なります。

 

あなたが安全で地域や人に早くつながることのできる好環境です。

 

しかしデパートやディスコや大きなショッピングセンターは

ありません。

 

あわせて語学学校で英語を学ぶという環境にはありません。

 

しかしあなたは英語を話せるようになりたいと期待をしているはずです。

 

1年間オーストラリアの経験を有意義な時間にするためにも

英語のスキルアップは必要です。

 

そのために今回特典でつけていますように、貴方自身で英語を

話せるようになる方法を提供致します。

 

それは、あなたがこのプログラムに参加をしようと決心をした時から

スタートします。 素直にやっていただければ、必ず話せるようになります。

(おそらく3ヶ月間英語学校にお金を払っていくよりも・・・です。)

 

但しこれはあなたが、指示通りやって頂いて..・・のことです。

ので結果は『自己責任』としてです。

 

この自学方法は、実際に私どもがお世話をさせていただく実践英語を

目指して留学を志す方に現在も使用しているものです。

 

そして現地であなたが仕事をしながら学ぶ英語の先生は、

あなたの仕事先の家族であり、同僚であり、回りにできる

友人たちです。(生きた生のネイティブスピーカーです。)

 

又おって詳しくお話させていただきますが、

あなたは、最初は英語がうまく使えなくても

十分学ぶことができるのです。

 

それには、それなりの環境をあなたが作れる必要があります。

このことは、その後の、残りのワーホリ生活の宝物になるはずです。

 

あなたが準備としての英語力を

具体的に指示をさせていただきますので、

そのまま素直にやっていただければ必ず現地でも倍速で英語を

使いこなせるようになります。

 

 

2つ目は、実際の有給の仕事に関してのことです。

 

多分あなた自身がどんな仕事になるのだろうと不安な気持ちだと

思います。

 

プログラムを作るときに私どもも一番不安が残った点です。

 

あなたがどんな仕事かわからない不安と同じように、

引き受け側のファームや施設も同じ不安を抱えています。

 

英語がわからないのにしごとができるか?

ファーム仕事やサービス業の経験はあるのか?

作業に必要なスキルを持っているのか?

 

まったくあなたのことがわからない状態で

週給と宿泊、食事をギャランティしてもらっています。

 

 

私は、約20年間何十回となく田舎町やファームで過ごしていますので

農場での仕事はよくわかっているのですが、あなたが例えば

ファーム仕事に対してどのように仕事ができるのかはまったくわかりません。

 

この件については、現地につくまで仕事の内容がわからないままで

出発をすることになります。(もちろん仕事、住居、食事は保証ですが)

 

この件が、現地のコーデイネーターとも一番苦労をし不安を

残した点です。

 

一般的にファームでワーホリの若者の手がほしいのは、野菜や果物の収穫期

植え付け、選果やパッキング、牧場のメンテナンス、搾乳などです。

 

ホスピタリティであれば、キッチン仕事、ウエイターやウエイトレス、そして

ハウスキーピングや周辺の草刈りやメンテナンスなどになります。

 

 

私の実家は、農家ですので日本の農家の繁忙期の仕事に比べたら

遊びみたいなものに見えるのですが、あなたにとってそのような仕事に

経験があるかどうかもわかりませんし、そのような仕事をどう受け止めるのか

まったくわかりません。

 

 

あなたを受け入れる側から見ても、仕事がこなせるかどうかわからないのに

週給や滞在、食事のギャランティを受けてもらっています。

 

 

そのことを十分ご理解いただいて参加をして欲しいのです。

 

 

 

あなたに参考になればと思いますが、このプログラムは、すでに

スタートをしています。

 

オーストラリアには世界中からの若者がこのワーホリの制度を

利用してやってきます。

 

このプログラムの男女の参加比は、女性6割男性4割といったところです。

 

お互いに常識の範囲での仕事というゆるい合意をしていますが、

実際に仕事は、農作業もホスピタリティーも色んなニーズに対応が必要です。

 

どう考えても能力的に無理なことや危険なことはさせることはありません。

あなたの姿勢として一生懸命であってほしいと願うのです。

 

ヨーロッパや南米、中東からの女性たちは、たくましいのです。

 

農作業に対してもとてもポシティブで、英語も上手です。

 

馬にも乗れる子も多いし、酪農経験も持っている子もいれば

とにかくアウトドアーに慣れています。

 

反面私の経験から、日本の若物は、馬に触ったこともない、

牧場で生活したことはない、清潔、異常に潔癖、虫が嫌い、

夜は部屋にこもってパソコン三昧、朝は起きれない、洗濯すらできない人がいる

 

『ないないずくし!』の傾向があります。

 

はっきり言って、他国から来ている女の子に比べても

相当のハンディからのスタートを切るでしょう。

 

 

『日本人の若者は、役に立たないから使えない』と言われれば

あなたの後に続く人が経験できないプログラムになってしまうのです。

 

 

 

あなたの英語の能力をファームで実践的に上げる方法と

 

仕事に関するあなたの取り組みがこのプログラムのコアなポイントなのです。

 

 

 

その点の解決策を以下のように考えました。

 

 

 

もしあなたが参加を決心いただきお申し込みを頂いたら、

月日、時間を打合せて、スカイプまたは電話で現地のコーディネーターより

直接あなたにインタビューをさせていただきますことをご了解下さいませ。

 

英語はもちろん使えたほうがいいのは当然ですが、英語の能力を

見るのではなく、このプログラムのコアな部分の掛け違いがないように

したいのです。

 

受け入れのファームに対しての責任を果たすための一つの手段と

考えていただければと思います。

 

現地で直接あなたと会うスタッフが直接インタビュー致します。

 

あなたからもファーム研修や仕事に対する不安や疑問だけでなく、

その研修終了後のアドバイスなども相談できます。

 

(ブリスベーン市内に住んでいる日本人のスタッフですからご心配なく!)

*ちょっときびしいキャラクターですが、あなたへの強いエールを

 送っていると受け止めていただければ幸いです。

 

現地のファームや関係機関への全ての責任をもっていますので、

彼女の判断次第で参加をお断りさせていただくこともあることを

ご了解をお願い致します。

 

その他お申込みに際しての、条件詳細は、お申込時に別途書面にて

ご案内させていただきます。

 

 

資料をご請求いただいた方には以上の件をご理解いただいたものと

判断をさせていただきます。

 

もし上記の件であなたの意向に沿わない点がございましたら、

このプログラムは、あなたのニーズを満たすものではないと

ご判断の上資料請求は行わないで下さいませ。

 

くれぐれもよろしくお願いを申し上げます。