留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

初めての留学のタイミングと期間(子供編)

子供を初めて海外へ留学を。と考えたとき、いつ頃がよいのか、どれ位の期間がいいのか。

いつか子供に海外への留学体験をさせてあげたいと思っている親は、考えますよね。

 

今回は、子供の初めての海外留学体験を

いつの時期に、

そして、どれ位の期間がよいかの

アドバイスを書いてみます。

 

まず、現地の語学学校などが個人学生を受け入れている年齢の多くは、

(学校によっても違いますが)

●ヨーロッパやアメリカなどでは、18歳以上~

●カナダやオセアニアなどでは、16歳以上~

 

でも、

●夏休み期間に実施しているサマープログラムなど特別プログラムでは、

13歳以上の中学生~や15,6歳以上の高校生~でも

参加できるものもよくあるんですよ。

 

●小学生の場合も、学校や企画によっては、参加できるものがあるので

 

問い合わせてみるのが一番早いですね。

 

行く年齢(時期)としては、

まず、個人差があるので、本人の意思を尊重することは大事です。

決して、無理強いは、よくないです。

小学生からの場合       

 

■年齢       

●小学4年生(10歳)~を基準に。 
■理由

●小学低学年の一人の参加は、ホームシックや健康上の懸念などもあり子供への負担が大きくなり過ぎることがある。

ただ、小学3年生(9歳)などでも兄弟(兄ちゃん、姉ちゃん)と一緒に参加や、しっかりしている場合は別ですが、

一人での参加は、なるべく避けた方がいいですね。

逆に小学4,5,6年生だからといっても大人しいタイプや一人での参加は不安という子もいるので、

小学生は、できれば兄弟など気の許せる同行者がいるといいですね。

■期間

●1~2週間内がベスト。

■理由

●短すぎると、慣れてきた頃に帰ってしまうことになったり、ホームシックにかかったまま現地での思い出もなかなか出来ないままあっという間に帰国。

長すぎると、ホームシックにかかってしまったり、体調を崩し始めるケースもあるので

時差や環境に慣れて現地での滞在を楽しめてその楽しい思い出を持って帰られる2週間内が目安でしょう。

中学生からの場合       

 

■年齢          

●中学1年、2年生の時期が行きやすい。 
■理由   

●3年生になると受験モードでなかなか行きにくくなる。

ただ、部活を引退してからや、受験のストレスから少しリフレッシュや、 進路を見極めるという意味で

あえて中3の夏休みに1,2週間行かせるというケースもよくあり。

■期間

●10日~3週間がベスト。

■理由

●実は、ホームシックになっているけれど、気を張っていたり使ったりプライドもあったりと表に出さずに頑張りすぎることもあるので楽しい思い出を胸に帰る2週間前後が目安でしょう。

子供が行く初めての海外に「英語の上達」や「見違えるほどの変化」を

求めない(期待しすぎない)ことは大事です。

 

英語よりも、

親元を離れて、

海外の人々のコミュニケーションや自然、動物、景色、食べ物、などに触れ

日本の今までの体験とは違う世界を知り体験をすることに意義があります。

日本の学校や家では知ることがなかった壁のない教室の

その体験は、帰国後すぐに劇的な変化はなくとも

必ずそれぞれの身体や脳にインプットされ

後(のち)の考え方や行動に活かされてくるはずです。

 

そのためには、

詰め込み過ぎのプログラムやこの際だからと長くいかせてみようとか、

ひとりでホームステイをさせなければ意味がない、と考えず

初めての留学は、

多くを望まず、プレッシャーを与えずに、ストレスをなるべく軽減させてあげ

純粋に、「海外を身体で楽しむ」事を大事にした留学で送り出してあげることが

重要です♪