留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

オーストラリア留学体験リポートVol.1

高校卒業後、僕はオーストラリアを選びました。

日本の工業高校卒業後、

工業とは全く違う分野「ホスピタリティ」を学びたくって

オーストラリアの学校に進学するために

単身語学留学!

 

彼の約8ヶ月の語学留学リポート「英語編」と題して

インタビューしました。

 

元々、英語が好きだった彼は、

高校は、工業高校。

でも、将来は、工業分野とは違う

ホテル業界やサービス業界に

興味を持ち始めました。

 

県外にある観光/ホテル業界の専門学校の進路も

考え、調べましたが

費用が結構かかるってことも分り、

それなら、

英語が好きで、海外も好きだし

海外でホスピタリティを学びたいと

オーストラリアの

州立専門高等教育機関(専門学校)進学を決めました。

 

高校時代から今から出来ることを

コツコツと英会話や英語に前向きに取り組んで

オーストラリアの高校に1ヶ月留学も経験しました。

 

彼の海外進出は、高校卒業後ではなく、

既に高校時代から既に始まっていたのでした。

 

さて、そんな彼の進学前の英語留学の現地体験記(英語編)を

インタビューしています。

近々、あるいは将来、

オーストラリアじゃなくても

進学留学を考えている方は、

良かったら是非読んでみて下さい♪

 

彼の答えは、

なんだか前向きな気持ちにさせてくれますよ。

 

彼は、言います。

僕は、日本の専門学校ではなく

海外の専門学校を選んでよかったと思う。と。

視野の広がりが全然違うとも言ってました。

 

そんな彼の今のところの夢は、

オーストラリアの専門学校卒業後、

ワーキングホリデーなどを使って

色んな国のホテルなどで働き、スキルを培っていきたいな。らしい。

 

 

海外のホスピタリティ業界は、

例えば、色んなところで経験していくと

転職ごとに給料も役職も上がっていくのが

業界の常識でもあります。

転職ごとに0からのスタートではなく

経験やスキルが認められ活かされていくんですよ。

 

おそらく彼の20代は、日本じゃないところで

忙しくなりそうです。

 

その彼を

これからの人生切り開いていくのは自分自身だ と

日本から黙って送り出し

見守るご家族も

素晴らしいなって思います。

 

2014年2月から

新たなチャレンジ、ホスピタリティ留学がスタートします。

◎映画を観ながら単語とフレーズをまとめたノートの1ページ。      何冊と出来、ファイルにまとめては持ち歩いてました。
◎映画を観ながら単語とフレーズをまとめたノートの1ページ。      何冊と出来、ファイルにまとめては持ち歩いてました。
オーストラリア進学留学 2014年1月リポート英語編.pdf
PDFファイル 87.5 KB