留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

大らかに異文化理解,国際視野を養える国。

高校生が海外へ高校留学したい国で 人気のある国のひとつ。

 

カナダ。

 

そこで今回は、カナダのたくさんある魅力のうち

 

留学の観点から2つほどお話したいと思います。

 

 

 

魅力1.

 

人や自然の大らかさ。

 

雄大な国土を持ち、壮大な山々や森や川、湖、美しい緑などが

 

いつも近くに感じられる。っていうのは 

 

大らかさに繋がる要因の一つなのかもしれませんね。

 

目に映る壮大で美しい自然は、

 

カメラのレンズに収めるものじゃない

 

実際に体で体感するものなんだって 思わせる

 

まぁ言ってみれば、とっても贅沢な国って事ですね。

 

街なかに住んでいる人でも、小さな子供も大人も

 

自然への愛着の深さや意識は、

 

日本人とはかけ離れたレベルです。

 

人と自然との付き合いがとってもナチュラルで上手なんですね。

 

 

 

魅力2. 

 

多民族国家。

 

例えば、西のバンクーバーは、アジア人が多い。といいます。

 

確かに、アジア人は多いですね。

 

折角、カナダに行くから、それは嫌だと思うか、

 

それこそが異文化理解だと感じるか。

 

本当にカナダにどっぷり留学したかどうかの

 

大きな分かれ目なのかもしれません。

 

 

北米第2のチャイナタウン(第1位はサンフランシスコ)という位に

 

中国系はじめ、韓国、台湾、ベトナム、フィリピン、インド、マレーシア、香港

 

またロシア、ウクライナ、ヨーロッパ、南米、そして日系 など

 

ほんとに多民族国家。

 

町の路線バスに乗っていると、

 

一体何カ国の出身の乗客が1台のバスに乗っているのだろうと。

 

日本では、見られない光景ですが、

 

カナダではごく普通の光景です。

 

だから、中学や高校の学校内やクラスの中でも、

 

それは、ごく普通に見られる光景。

 

日本の自分の学校のクラスに、多民族集まっているって

 

そりゃあ、自然と国際視野が養われるでしょうね。

 

欧米国に居ながらにして身近に世界(国際色)を文化の融合を感じられる国が、

 

世界に一体どれだけあるのだろうとさえ思います。

 

だからこそなのかもしれません。

 

宗教も、思想も、出身国も、文化背景、言語も違う者同志が

 

一つの国、地域、社会で円滑に暮らしていくために、

 

雄大な自然がすぐそばに感じられるところ生きている人間が

 

考えることは、

 

「認め合うこと。」

 

だから、カナダに行くと、とにかく「優しい」。

 

自分(日本人)も認めてくれる。ことを感じられるんですね。

 

 

 

公用語は、英語とフランス語。

 

町には、イギリス色、ケベック州に行けばフランス色、

 

隣国アメリカ色、そして、アジア色が溢れ

 

多民族コミュニティー 多文化が存在。

 

 

 

そんなカナダの中学・高校には、

 

日本と同じように私立校と公立校があります。

 

カナダの中高生の約95%が公立校に通っているんですよ。

 

カナダの教育水準は世界的にもかなり高く、

 

塾や予備校などの学校以外の補助的学習機関がないことを考えると

 

ここに「公立校の質の良さ」が伺えます。

 

 

「一人ひとりを個人として尊重する」という

 

自主性と個々の能力を引き出す教育が実践されているので

 

必須科目以外の選択科目が

 

会計学、マーケティング、家庭科、音楽(ギター)、演劇、

 

栄養学、カウンセリング、ダンス、ジャズバンド、広告デザイン、観光学、コンピューター

 

等など、幅広い選択科目があるんです。

 

 

どの学校にも、カウンセラーがいて

 

生徒の科目履修や(留学生)には留学サポートなどもしてくれます。

 

私達が送り出しているカナダの高校にもカナディアンカウンセラーがいて

 

毎年、ここ大分まで来てくれてます。

 

カウンセラーの顔が直接見えるので安心して学生を送り出せるんです。

 

 

 

カナダの高校は通常8.9月からが新学期。

 

2013年の8月からの1年間留学プログラムの募集期間を

 

2013年2月28日(木)まで延長追加募集しています。

 

高校1年/2年/3年の夏(1学期終了後)8月に留学すると、

 

それぞれ翌年の6月頃帰国。となります。

 

高校留学は、留学の前準備も大切な作業が沢山あります。

 

もし興味がある方は、

 

お早めに、お気軽にお問合せ下さいね。

 

 

10代の時期に

 

壮大で美しく、優しい、大らかな国で

 

国際視野を養う、うわべじゃないほんとの異文化理解することの意味は、

 

後の人生でとても大きな深い意味になる。と思います。

 

高校留学