留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

安い費用で急速に英語の力を伸ばす留学

今回は、そんな留学が出来るって話を紹介します。

 

結論から言うと、場所は、フィリピン。

 

フィリピンで英語留学?!って思う人もいるかもしれないので、

 

どんな留学なのかをお話しますね。

 

 

まず、フィリピンは、国語としてはフィリピン語ですが、

世界で3番目に英語が話されている普通に公用語として社会に浸透している国だから、

フィリピンで英語を学ぶ留学が可能になるわけです。

 

費用が安い!

例えば、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど欧米英語圏に

2週間語学留学に行った場合、

現地費用や飛行機、手続き諸費用など総費用は、

平均4.50万はかかってくるでしょう。

 

一方、フィリピンの場合だと、その2分の1、3分の1の費用に。

つまり、約20万円程度。

 

授業形式がマンツーマン主体。 プラス グループレッスンもあります。

個々に授業を進めていけて、話す機会(時間)が必然的に多くなります。

 

陽気な天気と国民性で すぐに馴染んでいける環境。

 

日本からのアクセスがよく、直行便で4.5時間で行ける。

 

などなど。

 

 

だから、例えば、こんな思いをしている人 は、

 

「フィリピン英語留学」が活かされてくると思いますよ。

 

ー 長期の留学は出来ない。 “1.2週間しか休めない。”

ー 費用はあまり出せない。 “15万~20万円以内の予算。”

ー 短期間で英語力を伸ばしたい。 

ー “もうすぐ英語でプレゼンテーションがある。” “本番の留学前迄にある程度の英語力を!”

 

 

う~ん、こうやって書いてくと確かに、フィリピン語学留学、魅力的ですが、

 

誰にでも、合ってるとは限りません。

 

例えば、

 

キレイな発音を学びたい。

フィリピン訛りの英語発音なので、発音の矯正やちゃんと学びたいという人には、

厳しいかもしれませんね。

 

ホームステイや欧米文化を経験したい。欧米社会で生活経験したい。

滞在は寮となり、東南アジア文化です。

 

 

 

さて、ここからフィリピン語学留学を

 

もっと有意義に価値を高めるポイントをお話しますね。

 

 

オーストラリア人の英語の先生がこんなことを言ってました。

 

“世界の留学生の中で、日本人が一番、口を開け始めるのに時間がかかる。”って。

 

そう、日本人は、その環境に慣れてきて始めて、恐る恐る口を開けて喋り始めます。

 

ほんとは、英語を喋りたいのに、勉強に来たのに、

 

緊張や恥じらいや照れや間違っちゃいけないとか色んな余計なものを取り払い、

 

リラックスして喋り始めるまでに時間がかかり、やっと慣れてきた頃に帰国・・・。

 

というパターンがすごく多いんです。

 

また、本来は、早く大学進学や専門コースで学びたいんだけど、

 

そこに入れる迄の英語力を現地の英語コースで長いこと勉強していかなくちゃいけないって

 

日本人留学生が多いんです。

 

 

これらを少しでも解消できたら、もっと有意義な留学ができると思うんです。

 

つまり、

 

●本番の留学で効率よく現地に早く馴染めるようにするためと考える。

 

 

もう一つは、

 

●留学前に、あらかじめ用意しておくこと。

 

短期間で安く行ける、マンツーマンで集中して英語を勉強できますが、

 

「短期間」を魅力に留学する人は、やはり効率よく英語力を上げたいはず。

 

そこで、フィリピン英語留学では、とにかく「話す」「聞く」を発揮・試すために

 

あらかじめ単語やフレーズを予習してから臨むのです。

 

そうすることで、短い期間でも英語の伸び率が全然違ってきます。

 

日本であらかじめ予習してきた単語やフレーズをバンバン使って話してみるのです。

 

マンツーマンだから、間違っても恥ずかしいとかいう余計な思いもないですし、

 

フィリピン人の明るく人懐っこい性格は、物怖じせずに話せる雰囲気を作ってくれます。

 

その雰囲気の中で、学ぶ場 インプットとしてではなく、

 

発揮、試す場 アウトプットとして臨むのです。

 

そして、

 

●国際社会の中心となっていくアジア文化、社会、アジアン英語を知る機会として臨む。

 

確かに、欧米英語圏や日本とは文化も生活も社会も治安も違います。

 

快適さや便利さとは程遠いものもあるでしょう。

 

でも、日本の中だけ、欧米だけではなく、

 

アジアを知る機会もこれからの国際社会で生きていくためのプラスの要素と考える。

 

 

英語を学ぶために留学となれば、

 

欧米英語圏への留学がいい!という人は多いでしょう。

 

確かに、費用の面は、期間が許されるなら行きたいところに留学するのが理想ですよね。

 

でも、留学も考え方を変えたり、捉え方次第、限られた条件だったり、選択の一つとして

 

こんな留学もあるってことを紹介してみました。

 

 

昨年 オーストラリア留学を目指している社会人の方が、

 

オーストラリアに行く前に、

 

英語に馴染んでおきたい、馴染むまでに学ぶ英語費用を安く抑えたいということで、

 

初めての海外留学、はじめてのひとり海外に、

 

フィリピンのセブ島英語留学に行ってきました。

 

その体験リポートを書いてもらいました。 もし良かったら読んでみてくださいね。

 

「フィリピン英語留学体験リポート」

 

 

参考ページ「語学留学」