留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

海外の高等専門課程を目指す

進路としての高等教育留学

 

 

Vocational Study Course

■プログラムコース名

 

TAFE

州政府専門職業訓練学校

 

国・都市 オーストラリア
 期間 半年以上   
英語力

IELTS5.0-6.0以上    

コースによって違う

その他

高校1年修了以上~

コースによって違う

オーストラリアの州政府が運営する公立の職業訓練専門学校で多種多様なコースが開講されています。地元のオーストラリア人にとっても最もメジャーな進路の一つ。半年~1年間、1~2年間、2~3年間とコース期間も色々。コース内容もビジネス、IT、ビューティセラピー、ホスピタリティ、ツーリズム、農業、福祉、アート&デザイン、ワインなど様々なコースが開講されています。職業スキル・資格だけでなく大学への編入制度もあるので、直接大学へ入学ではなくTAFEでの勉強を経て大学編入をする方も多いです。

戻る  次へ   HOME


■プログラムコース名

 

ポリテック

国立専門学校で学ぶ

 

国・都市 ニュージーランド
 期間  半年以上
英語力

IELTS5.0-60.以上

コースによって違う

その他

高校1年修了以上~

コースによって違う

ニュージーランド国立の総合専門学校Polytechnic/ポリテクニック。通称「ポリテック」。短期のコースから大学と同じ学士レベルのコース(資格)まであり、コースも多種多様にわたって展開されています。大学に比べ実践的な技術修得のスキルが得られ入学条件も広い為、資格取得の機会も増え、勿論、ポリテックから大学への編入制度あり、この編入の道を行く方も多いのです。コースもビジネス、農業、アニマル、チャイルドケア、アウトドアエデュケーション、フィルム制作など多種多様。


将来の職業を意識した留学の具体的な例

航空会社、ツーリズム、ホスピタリティの実践を学ぶ進路へ

(NewZealand)

 

基本的な英語レベルへの到達

Vocational college

自分の目指す職業へ


 

語学習得+インターン (1年間のWorking Holiday Visa)

 

(Australia)

 

語学習得+職場でのインターン研修

系列ホテルでの有給研修

セカンドビザでの就業

将来の自分の職業を目指した高等教育へ

・・・将来目指す職業は?・・・

将来自分の就きたい職業を目指した高等教育は、留学を通じて広く世界中に門戸が開かれています。

 

そのコースの種類をすこしご紹介しましょう。

  • ビジネス関連コース例) マーケティング、マネジメント、会計学、国際貿易、小売サービス、国際ビジネス、オフィス・アドミニストレーション
  • ホスピタリティ関連コース例)コース例) ホテルマネジメント、調理師、パティシエ
  • ツーリズムコース例) 観光業全般、イベントマネジメント、ツアーガイド、旅行業、キャビンアテンダント、グランドスタッフ
  • ビューティセラピー関連コース例) ヘアドレッシング、メイクアップ、マッサージ、ネイル、アロマセラピー
  • 幼児教育関連コース例) チャイルドケア
  • 情報技術コース例) ネットワーク、ソフトウェア、プログラミング、ウェブ・ディベロップメント、Eコマース、システムエンジニア、マルチメディア
  • アート・デザイン関連コース例) 美術、陶芸、音楽、写真、インテリア、ジュエリー、グラフィックデザイン、ファッション
  • 通訳翻訳コース例) 通訳・翻訳
  • 介護福祉関連コース例) 児童福祉、高齢者介護、障害者介護
  • メディア映像関連コース例) 映画、テレビ制作



これから企業がほしい人材とは

当社のある地元では、日本でも特徴的な国際大学があります。


当社では、この大学の先生方と地域連携の開発プロジェクトを行っています。


プロジェクトには、現役の留学生もたくさん参加をして頂いています。


アジア各国からの留学生は、本当に優秀です。



もちろん授業は英語で行われますので、英語はみな堪能です。


おどろくべきことは、約2年もすれば日本語も日本企業に就職できるレベルで


使いこなせるようになるということです。



言い換えれば、自分の母国語+英語+そして日本語


マルチリンガルなのです。



その上で、自分の学んだ専門知識を備えているのです。



これからの日本の若者たちが競う相手とは、


日本の中での就職戦線でさえ、肩を並べるのは


これから益々増えていくこのようなアジアの優秀な青年たちなのです。




英語は、最終目的ではありません。


そして英語は、欧米諸国へ行くから必要なのではありません。


これからの企業は、アジアでの共通言語が英語なのです。






戻る  次へ   HOME