留学,ワーキングホリデイで現地の生活に即戦力に英語対応力をすぐに身につける具体的な方法とスキルのチュータープログラム。あなたのレベルによって内容が異なります。実践的な英語コミュニケーション力を身につける新しい方法です。


<お問合せ先>

TEL: 097-534-2440

FAX:097-534-2446

営業時間:

平日/月-金/09:30~18:00

土日祝は休業

メールでのお問合せをご希望の場合は下記フォームよりお願い致します。

メモ: * は入力必須項目です

《無料カウンセリング》

お申込みの有無に関わらず、

無料にて留学カウンセリングを

行っています。

予約制となっておりますので、TOPページメールフォームかまたはお電話にてスタッフへお知らせ下さい。

(C)ABC LINKS Study Abroad Centre, All Rights Reserved.

ホームページ作成

Australia

オーストラリア

オーストラリアってどんな国???

 

なんと国民の約24%が海外からの移民

といわれています。

つまり約4人に1人が、海外出身者。

そう!オーストラリアは、他民族国家なのです。

だから海外からの人に優しいんです。

 

南半球にあるオーストラリアは、

色々なことが日本と逆。

日本が夏(冬)のとき、オーストラリアは、冬(夏)。

この国のサンタクロースは

12月、サーフボードに乗ってやってきます。

 

オーストラリアの世界遺産は、全部で19。

そのうち自然遺産の登録数は世界ナンバー1!

世界最大の「砂で出来た島」、

世界最大の「珊瑚礁生息帯の海」、

地球上で最も古い場所と言われる熱帯原生林など、

ダイナミックな自然を

この国では、見るのではなく

体感できるんです。

 

田舎に行くほど面白い。なぜだろう・・・ 

不思議ですが、

オーストラリアの“人” と “暮らし” と “動植物” が、

実に興味深くて、リラックス出来て

飽きさせないユニークさを秘めているのです。

 


 ワーキングホリデー

    語学留学


オーストラリアの穏やかな気候、親日家な人々、治安の良さ、利便性、観光大国、農業大国、アドベンチャー大国等の点から日本人にとって「行きやすい」「住みやすい」「働きやすい」「遊びやすい」のがこの国のワーホリの魅力。

 

 そんな国に最長2年間滞在できることも魅力のひとつです。

就学も最長4ヶ月まで出来るので、「学びやすい」もプラス。  

 

オーストラリアの英語は、イギリス英語。

陽気でフレンドリーな先生が多く、同時に英語教育の質の高さも兼ね備えた先生が多いんです。

語学学校には英語のみならず多種多様な専門コースがあります。

年間を通して気候の穏やかさや治安のよさ、オープンなリラックス環境での英語留学が魅力です。

 

現地への到着も、当日に到着確認を留守宅家族へお知らせするサービスも好評を得ています。

 



ホームステイ

  ファームステイ


親日家が多く、気さくなホストファミリー。

海外は初めて。英語が正直苦手。シャイな私・・・という人にとって、馴染みやすく暖かく迎え入れてくれてることを感じられることでしょう。

「コミュニケーションって」「ホスピタリティって」「家族のあり方って」をいち家庭から自然と学んでいけるんです。

オーストラリアに行くなら是非ホームステイを経験をお勧めしています。

人だけじゃなく動物までもがフレンドリー。

見るのではなく一緒に過ごす

“完全200%オーストラリア!”

「オーストラリアのファーマー(農家)達のライフスタイル」「自然の中に身を置いてみる」「満点の星空と天の川や地平線から上がる太陽」「独特の美しさと愛らしさを持つ動植物」を体験するともれなく健康的な身体になります。



   専門留学

インターンシップ・ボランティア


TAFE(州立職業訓練専門学校)。

学生の殆どが現地の学生ですが、留学生の受け入れ制度も充実していて、世界各国からの留学生が多種多様な分野の技術やスキルを身につけに来ています。日本人はまだまだ比率が少なく、英語を学ぶのではなく専門分野を学ぶ。

修了時には就職の際に即戦力として求められる英語と専門スキルが確実に養われているはず!

観光業界(ホテル)、サービス業界(レストラン、カフェ)、教育界(幼児・小学校・中学校など)、高齢者施設、動物保護、自然保護、ファーム(農業)などオーストラリアを代表する各分野「ホスピタリティ」「教育」「福祉」「動物」「自然」「農業」などに携わるインターンシップ・ボランティア体験。

有給の仕事もあります。オーストラリアならではの職業体験が現実に広がっています。


戻る  次へ   HOME